皮膚科|三軒茶屋駅より徒歩1分にある小児科、皮膚科|なな彩クリニック 日曜診療

三軒茶屋駅徒歩1分

お問い合わせ 03-6805-5015

Web診療予約
Web診療予約
花 花

- 皮膚科 -

皮膚科とは

皮膚症状

皮膚科では、皮膚疾患全般にわたる診断や治療を基本的に保険診療にて行います。一部、円形脱毛、薄毛、炎症後色素沈着などで自費診療による治療も取り入れています。
皮膚は内臓の鏡ともいわれ 、身体内部の様々な病態が皮膚症状として現れてくることがあります。

例えば、

  • 寝不足で肌がカサカサする
  • 便秘や月経前にニキビができる
  • ストレスがたまるとかゆみがでる
  • 月経前に手湿疹がじくじくする

など、このような皮膚症状は、実は身体が発するSOSサインであることも少くないのです。
そこで当院では、皮膚のトラブルだけに目を向けるのではなく、身体全体の問題として捉えて、患者様お一人おひとりの体質や症状に応じた漢方薬を用いながら、皮膚の状態を改善へと導いていきます。
乾燥肌、肌荒れなど些細なことだと思われる症状でも、皮膚のことで少し気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
なお、当院で診断、治療ができない場合は専門の医療機関 を紹介させて頂きます。

対応可能な症状や疾患など

  • 湿疹
  • かぶれ
  • 痒み
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • 乾燥肌
  • にきび
  • 水虫(足白癬)
  • 虫刺され
  • 伝染性軟属種(水いぼ)
  • 疣贅(いぼ)
  • たこ、うおのめ
  • おでき
  • 巻き爪(陥入爪)
  • やけど
  • 帯状疱疹
  • 円形脱毛症 など

※ほくろや腫瘍などの摘出術、外傷の縫合などの小手術は行なっておりません。

皮膚科でよくみる代表的な疾患

湿疹

湿疹は、外部からの刺激と体の内側からの要因とが影響しあって起こる皮膚の炎症です。肌にブツブツや小さな水ぶくれが生じ、赤みを伴い、その部分が腫れたり、かゆみが出たりすることもあります。皮膚科を受診する多くの患者様によくみられる疾患でもあります。
主な原因として挙げられているのが、洗剤や化粧品、金属、日光、湿度、自己免疫、食物アレルギー、ダニ・ハウスダストなどのアレルゲン、内服薬、細菌・ウイルス感染などです。湿疹に関しては、皮膚の「バリア機能」が外部からの刺激に負け、その結果 として炎症を引き起こしているのではないかと言われています。
湿疹は痒みを伴うことが多いので、患部を掻き壊すこともありますが、このような行為は化膿や悪化を招き、患部が拡大してさらに痒くなるという悪循環に陥りがちになります。そのようにならないためにも痒みや炎症を抑える薬を上手に使って、悪循環を断ち切ることも必要です。湿疹を発症する原因や症状というのは様々ですので、自己判断はせずに皮膚科を受診するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

痒みのある湿疹が体や四肢(両手、両足)に左右対称にできる慢性的な皮膚疾患で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。患者様の多くは、皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こ しやすい体質)を併せもっていると言われています。
治療については、ステロイド軟膏やタクロリムス軟膏などによる外用療法、および適切なスキンケアによって、治癒したのも同然の状態を目指していきます。このほか抗アレルギー剤や漢方薬などの内服薬を補助的に用いることもあります。

接触皮膚炎(かぶれ)

接触皮膚炎(かぶれ)とは、皮膚に触れたものの刺激や毒性が原因で起こる炎症や湿疹のことを言います。原因が不明な場合は、パッチテスト(原因と思われる物質を皮膚に貼り反応を見る)をお勧めすることもあります。
治療につきましては、基本的にステロイド外用薬を使用し、強い痒みや炎症が著しい場合に抗アレルギー剤やステロイド剤などの内服薬を用います。
なお 、接触性皮膚炎には、アレルギー性のものもあり、原因物質に繰り返し触れることで湿疹の症状が出ます。よくアトピー性皮膚炎と間違いやすいのですが、複合的な要素が絡む複雑なアトピーとは異なり、原因を特定することができ、その刺激を除くことで、比較的に簡単に治るものもあります。

じんましん

じんましんとは、痒みが強く、丸っぽい形をし、わずかに盛り上がったミミズ腫れが数分~24時間以内にできては消えていく皮膚疾患を言います。痒みを伴うことがほとんどですが、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みが生じることもあります。原因としては、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など、様々ありますので検査をお勧めすることもあります。
検査では、血液 検査IgE(RIST法、RAST法)、一般血液検査などを行います。じんましんの治療には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを用います。薬を服用すれば、多くの患者様は数日で症状が治まりますが、その後も医師の指示に従って飲み続け、徐々に減らしていくことが大切です。

水虫(足白癬)

正式には足白癬と呼ばれる水虫は、皮膚糸状菌(白癬菌)という真菌(カビ)によって生じる感染症で、この白癬菌が足の裏や足の指の間などに寄生して、ジクジクしたり、逆にカサカサしたり、痒みが出てきたりするのです。 主な感染原因には、不特定多数の人が履くスリッパの使用、複数の人が利用する足拭きマットの利用などが挙げられます。高温で湿度が高い状態を好む白癬菌は、夏の季節になると 活発化するので、症状が悪化していきます。逆に冬になると気温が低く、乾燥した環境になるので、症状が治まりやすくなります。
治療としては、抗真菌剤の塗り薬と内服薬の2種類があります。以前は、爪白癬の場合、患部まで薬成分が届きにくいため、基本的に内服薬が選択されてきましたが、現在では、爪深部まで浸透する塗り薬もでています。内服薬の場合は、3~6ヵ月間ほど服用する必要があるので、薬剤性の肝腎機能障害、骨髄抑制などの副作用を招いていないかどうか、定期的に血液検査を行う必要があります。

やけど・外傷(湿潤療法) 

湿潤治療は、「自己治癒力」を最大限に生かす治療法であり、けがの治りが早く、痛みが少なく、しかもきれいに治るという特徴があります。

やけど、外傷の創面は、消毒をせずに、水で洗い流します。さらに、創面にくっつかないラップや専用の創傷被覆材(ドレッシング材)で密封し、創面を乾かさないようにする方法です。消毒によって傷を深くすることが無いので、痛みも少なくて済みます。さらに、乾燥させないので、傷表面の上皮細胞から成長因子などが分泌されて早く綺麗に治ります。細菌などの感染症を合併する場合もありますので、治癒経過が悪い場合は、皮膚科を受診しましょう。場合によっては、抗生剤の内服などが必要になることもあります。